顧客価値共創会利用規約

第1章 顧客価値共創会とは・本規約について

第1条 顧客価値共創会とは・本規約の適用

  1. 「顧客価値共創会」(以下、「共創会」といいます)は、桃谷修司(屋号「顧客価値共創堂」、以下、「共創堂」といいます)が運営する会員制のビジネス戦略勉強会です。
  2. 本規約は、共創会のサービスの利用に関する契約の内容となります。予め本規約にご同意の上、第3条に定める会員登録をして利用してください。法人会員の場合、その契約上の地位によってサービスを利用する方にも本規約を適用します。

第2条 本規約の変更等

  1. 共創堂は、共創堂が必要と認めた場合は、本規約を変更できるものとします。本規約を変更する場合、変更後の本規約の施行時期及び内容を共創堂ホームページ上での掲示、共創堂Facebookページ上での掲示、その他の適切な方法により周知し、または会員に通知します。ただし、法令上受講者の同意が必要となるような内容の変更の場合は、共創堂所定の方法で会員およびサービスの利用者の同意を得るものとします。

第2章 会員制度

第3条 会員登録

  1. 第7条に記載の共創会のサービスに参加希望される個人・法人は、有料サービス、無料サービスにかかわらず、まず会員登録をしてください。入会金はありません。
  2. 共創会に会員登録するには、共創堂ホームページ、電子メール、FacebookのMessenger、LINEまたは書面で、個人は本人、法人は担当者が会員登録をしてください。なお、未成年者の個人は法定代理人(親権者等)の同意に基づいて会員登録してください。
  3. 非会員が共創会に参加された場合、非会員であっても会員に準じて本規約を遵守いただくとともに、速やかに会員登録手続をしていただきます。

第4条 利用停止や退会など

  1. 共創堂は、会員が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、共創会のサービスへの参加を一時的に停止し、または退会とすることができます。
    • 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    • 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
    • 支払停止もしくは支払不能となり、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    • 共創堂からの問い合わせ、その他の回答を求める連絡に対して応答がない場合
    • 反社会的勢力(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると共創堂が判断した場合
    • その他、共創堂が共創会の会員として継続することを適当でないと判断した場合
  2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、会員は、共創堂に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに共創会に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
  3. 会員が共創会を自主退会する場合、共創堂ホームページ内の「お問い合せ」から、あるいは電子メール、FacebookのMessenger、LINE、書面で、個人会員は本人または代理人が、法人会員は登録されている担当者が退会の旨を連絡してください。退会手続が完了した時点で、退会申請日をもって退会したものとみなします。

第5条 会員の個人情報の取り扱い

  1. 共創堂は、会員の個人情報を「顧客価値共創堂プライバシーポリシー」に従って取り扱います。「顧客価値共創堂プライバシーポリシー」は、ホームページの「プライバシーポリシー」をご覧いただくか、直接お尋ねください。
  2. 共創堂は、会員の個人情報を、会員の事業機会創出を目的に他の会員に提供する場合があります。この場合、共創堂は、当該個人情報の利用目的を明示し、会員の事前の同意を得るものとします。
  3. 会員が共創会から退会した場合、会員からの要望によって個人情報を消去します。また、会員への利用料金の請求履歴等、法令上保管の必要のある情報は当該法令に従って退会後も保管し、当該必要がなくなり次第消去します。

第6条 会員登録情報の変更等

  1. 会員が共創会の会員登録情報を変更する場合には、共創堂ホームページ内の「お問い合せ」から、あるいは電子メール、FacebookのMessenger、LINE、書面で、個人会員は本人または代理人が、法人会員は登録されている担当者が登録情報の変更を共創堂に連絡してください。

第3章 共創会のサービス全般

第7条 サービスの詳細

  1. 共創会の会員へのサービスの詳細は以下のとおりです。

(有料)

    1. 共創会通常会の実施および運営(1期11回、毎月1回2時間、西宮市、別府市、大分市で開催)
    2. 特別企画の実施および運営
    3. その他、i、iiに付随して共創堂が「共創会」の名称で提供するサービス

(無料)

    1. 共創会体験会の実施及び運営(不定期)
    2. 会員への、1)共創堂のサービス、2)共創会や催事等の案内および3)ご連絡のメールの送信
    3. 会員への共創会のサービス向上のためのアンケート等の実施
    4. 無料企画の実施および運営
    5. ご希望される会員の事業内容の他の会員への紹介
    6. その他、aないしeに付随して共創堂が「共創会」の名称で提供するサービス付きリスト
  1. 共創会の体験会、通常会、特別企画、無料企画の内容および参加料金、実施時期・期間等の重要な条件は、共創堂ホームページ、共創堂Facebookページの各説明ページに掲載します。

第8条 共創会体験会、通常会、特別企画、無料企画の参加申し込み

  1. 会員は、共創会通常会への参加を期間中いつでも開始していただけます。
  2. 共創会通常会のスケジュール(日時、場所)は1ヶ月以上前に共創堂ホームページ、共創堂Facebookページに掲載します(例、2019年12月会は2019年11月1日より前に掲載)。変更する場合は共創堂ホームページ、共創堂Facebookに掲載し、電子メールでお知らせいたします。
  3. 体験会、特別企画、無料企画は決定後すぐにスケジュールを共創堂ホームページ、共創堂Facebookページに掲載します。
  4. 各回の参加申し込み: 共創堂ホームページでは、「お申し込み」から、あるいは電子メール、FacebookのMessenger、LINE、書面で、個人会員は本人または代理人が、法人は登録されている担当者が、参加希望日程と場所、法人会員の場合は利用者氏名をご連絡ください。複数回を同時に申し込むこともできます。共創堂は、会員の参加申し込みを承諾する場合、受付完了を会員から連絡されたときと同じ手段で会員に送信します。共創堂からの承諾通知が会員に到達した時点で、本規約を契約の内容として、個別の利用契約が成立します。
  5. 申し込みのキャンセル: 申し込まれた通常会、企画への参加を取りやめる場合は、必ず各回開始時刻の3時間前までに共創堂ホームページ内の「お問い合せ」から、あるいは電子メール、FacebookのMessenger、LINE、電話で個人会員は本人または代理人、法人会員は登録されている担当者または参加予定者がご連絡ください。その場合は参加料金から振込料金を差し引いた残額を返金する、あるいは同内容の次回開催へ参加できるものとし、第14条2項に基づいて発行される無料券(以下、「無料券」と言います)で参加予定の方は次回以降その無料券をご利用いただけます。交通機関の不通、遅延などの不可抗力の場合も同様とします。他方、不可抗力以外の理由での各回開始の3時間前以降のキャンセル、およびいかなる理由でもご連絡のないままの不参加の場合は、参加料金の返金はいたしかねます。無料券で参加予定の方はその無料券を利用したものとみなします。参加料を先払いした会員が、参加回数を残して利用を取りやめる際は、お支払い方法にかかわらず、お支払金額から、参加済みの通常会と不可抗力以外の理由での各回開始の3時間前以降のキャンセル、およびいかなる理由でもご連絡のないままの不参加の回の分を除き、個人会員は1回あたり5,000円(税抜)、法人会員は1回あたり20,000円(税抜)と振込手数料を差し引いた金額を無利子にて会員が指定する金融機関口座に振込む方法により返金します。
  6. 共創会サービスの代理参加: 個人会員の地位を利用して、事前の共創堂の承諾なしに、会員本人以外が代理で共創会の有料サービスへ参加することは出来ません。法人会員は参加者を開催直前まで変更することができます。ただし、個人会員の代理参加者、法人会員の全ての参加者に下記事前課題の項目を適用します。各回、共創会や特別企画の開始後に途中で参加者交代はできません。
  7. 事前課題: 各回の終了時に次回までの事前課題をお知らせします。同じ内容を各回終了の翌日に共創堂ホームページ、共創堂Facebookページに掲示します。次回必ず準備をしてお持ちください。他の利用者とのディスカッションの質の低下に繋がりますので、準備していない方は参加をお断りする場合がございます。この場合、利用料金の返金はできず、無料券で参加予定の方はその無料券を利用したものとみなします。
  8. 各回の途中参加・途中退出: 会員ご本人の成果不足、他の参加者へのご迷惑になりますので、各回への途中参加(遅刻)、途中退出(早退)は極力避けてください。
  9. 体験会、通常会、特別企画、無料企画の参加申し込みは先着順で、定員になりしだい締め切りといたします。

第9条 サービス利用契約上の地位の譲渡等

  1. 会員は、共創堂の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  2. 共創堂は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに会員や参加者の登録事項その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、会員やサービスの参加者はかかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第10条 共創会のサービスの中断・終了

  1. 共創堂は、以下の各号のいずれかに該当する場合、会員や参加者に事前に通知することなく、共創会の全部または一部を中断または終了することがあります。
    • 共創会開催予定の設備を保守もしくは点検する場合または当該設備に不慮の障害等が発生した場合
    • 戦争、暴動、労働争議、天災地変(地震、噴火、洪水、津波等)、火災、停電その他の非常事態により、共創会の運営が困難になった場合
    • 共創堂、あるいは講師に死亡、病気、けがなどが発生した場合
  2. 第1項に定める場合、共創会通常会に関しては、共創堂は後日改めて補講を行います。会員やサービスの参加者の都合で補講・再開催へ参加できない場合は、共創堂は、翌期以降の同内容の通常会に振替を提供、または当該サービスの利用料金を無利子にて会員が指定する金融機関口座に振込む方法により返金します。この返金に必要な振込手数料は共創堂が負担します。無料券で参加予定の方は次回以降その無料券をご利用いただけます。
  3. 第1項に定める場合、特別企画に関しては、共創堂は後日再開催を行うように最善を尽くします。会員や利用者の都合で再開催へ参加できない場合、および再開催を実施できなかった場合は、共創堂は、当該サービスの利用料金を無利子にて会員が指定する金融機関口座に振込む方法により返金します。この返金に必要な振込手数料は共創堂が負担します。
  4. 第1項に定める場合、共創会体験会、無料企画など無料サービスについては、共創堂は後日再開催を行うように最善を尽くします。ただし、会員や利用者の都合で再開催へ参加できない場合、および再開催を実施できなかった場合も、補償はいたしかねますので、予めご了承ください。
  5. 第1項に定める場合、会場に来られた会員、参加予定者には公共交通機関による往復交通費実費をお支払いします。
  6. 第1項に定める場合のほか、共創堂は、共創会の内容の全部または一部を変更したり終了したりする場合があります。この場合には、共創堂はその旨を予め会員に通知します。

第11条 サービスの内容の変更、終了

  1. 共創堂は、その都合により、共創会のサービスの内容を変更し、または提供を終了することができます。
  2. 共創堂が本サービスの提供を終了する場合、共創堂は会員に事前に通知するものとします。
  3. 共創堂が有料サービスの参加期限前に当該有料サービスを終了した場合、あるいは講師、開催日時、開催地その他共創堂が重大な変更をした場合には、共創堂は、当該サービスの未参加分の参加料金を無利子にて会員が指定する金融機関口座に振込む方法により返金します。無料券は次回以降に利用いただけます。次回以降ご参加の予定がない場合は1枚につき個人会員は5,000円、法人会員は20,000円(いずれも税抜)をお支払いいたします。この返金に必要な振込手数料は共創堂が負担します。それ以外の補償はいたしかねますので、予めご了承ください。

第12条 通知方法、標準時、アンケート

  1. 共創堂が、会員に対して、共創会に関する事項(その変更を含む。)を通知する場合は、共創堂ホームページ、共創堂Facebookページでの掲載、電子メール送信その他の適切な方法によって行います。
  2. 共創堂が正常に送信した電子メールについて、不到達、遅延、文字化けが生じる場合や、同一内容の電子メールが複数回到達する場合があり得ますが、何卒ご容赦ください。また、共創堂は、一度送信したメールの再送信はいたしかねます(メールアドレス変更の手続中に、変更前のメールアドレスにメールが送信された場合を含みます。)共創堂で表示する日時は、特段の定めのない限り、全て日本標準時です。
  3. 会員が共創堂に対して回答したアンケートの取り扱いは、法令及びプライバシーポリシーの内容にしたがって適切に管理します。

第13条 知的財産権

  1. 共創会において提供している講演、講義、レジュメ、手引書、マニュアル等の資料、記事、写真、イラスト、動画および音声、ソフトウエア等の一切の著作権その他の知的財産権は、共創堂、または講師、サービス提供者、その他の権利者に帰属しています。また、共創会に関するコンテンツ、ソフトウエア、商標、ロゴマーク、およびマニュアル等に関する著作権その他の一切の知的財産権は、共創堂または他の権利者に帰属しています。会員は、これらを会員ご本人の学習のためにご利用いただけますが、その範囲を超えた利用(再利用、複製、第三者への開示、頒布、売却、譲渡、貸与等を含みます。)はしないでください。

第4章 料金・支払い

第14条 参加料金

  1. 共創会通常会の参加料金は、次のとおりです。(税込) 
    • 初回参加特別価格 初回参加時のみ1名2,200円
    • 個人 1回 5,500円
    • 法人(各回5名まで)1回 22,000円
    • 学生 無料(当日の準備、運営、後片付けを手伝ってくれる方。それ以外は個人の参加費)
  2. 個人会員、法人会員ともに通常会を5回参加されると、通常会を1回無料で利用できる無料券1枚を発行します。その後も通常会を継続参加されると4回につき無料券を1枚発行します。無料券の有効期限は発行日から1年間です。無料券は会員のみ有効です。
  3. 会員が既に参加済みの共創会と同内容のものに翌期以降再度参加される場合は、その料金を上記料金の70%(税別)といたします。この場合も前項所定の回数に応じ、無料券を発行いたします。
  4. 特別企画は別途共創堂ホームページ、共創堂Facebookページなどで案内する参加料金で行います。
  5. 資料、教材の費用は参加料金に含まれます。

第15条 支払方法

  1. 所定の参加料金を、申し込まれた共創会通常会、特別企画の①前日(前日が祝休日の場合はその前の金融機関営業日)までに到着するように口座振り込み、②前日までに電子メールで連絡された方法でのクレジットカード決済、のいずれかでお支払いください。口座振り込みに使われる口座は、個人会員、または法人会員本人の名義口座、クレジットカードは会員本人名義のものに限ります。
  2. 当該口座振込にかかる振込手数料は会員にてご負担ください。
  3. 共創堂は、会員から特段の請求があれば、請求書、領収書などの書類を発行いたします。

第16条 損害賠償の免責

  1. 共創堂は、共創会にかかるサービスに関して、受講者が被った損害につき、過去12ヶ月間に受講者が共創堂に支払った対価の金額を超えて賠償する責任を負わないものとし、また、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。
  2. 共創会にかかるサービスや同会ウェブサイトに関連して、受講者と他の受講者または第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、受講者が自己の責任によって解決するものとします。
  3. 共創堂は、共創会に関するコンテンツの充実に努めておりますが、その有用性・完全性を保証するものではありません。

第5章 その他

第17条 禁止事項

  1. 会員およびサービス利用者は、共創会のサービス利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると共創堂が判断する行為をしてはなりません。
    • 法令に違反する行為または犯罪行為に関連する行為
    • 公序良俗に反する行為
    • 共創堂、共創会のサービスの他の利用者またはその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為
    • 共創会のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
    • 共創会のネットワークまたはシステム等への不正アクセス
    • 共創会のサービスの他の会員、およびサービスの利用者の登録情報を不正に利用する行為
    • 共創堂、共創会のサービスの他の会員、およびサービスの利用者またはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
    • 反社会的勢力等への利益供与
    • その他、当社が不適切と判断する行為

第18条 サービス利用に際しての注意事項

  1. 会員およびサービス利用者は互いに気持ちよく受講するため、下記についてご留意ください。
    • 貴重品は常に手元に置いてください。紛失や盗難には各自の責任で十分気をつけてください。
    • 受講に関してSNSへ掲載する場合は、共創堂あるいは各サービス参加者の事前の承諾なしに、受講内容の詳細や利用者個人を特定できる情報を記載しないようにしてください。
    • 会場内への飲食物を持ち込みは各会場の規則に従い、会の妨げにならないようにご留意ください。
    • 会員、およびサービス参加者以外のご家族の同伴は、事前に共創会にご相談ください。
    • ペットを連れての受講はご遠慮ください。
    • インフルエンザなど学校保健安全法施行規則第18条に定める感染症に罹患した場合は参加しないでください。その場合は、同内容の通常会に振り替えていただくか、1回あたり5,000円(税抜き)を無利子にて会員が指定する金融機関口座に振込む方法により返金します。この返金に必要な振込手数料は共創堂が負担します。
    • 共創会をビジネス機会の場としてご活用いただきたいですが、他の会員、およびサービスの参加者が不快に感じるほどの営業行為、ビジネスに関するお話しはご遠慮ください。
    • 会員、およびサービス参加者は、共創会に関連して、取得した他の参加者の個人情報、あるいは、共創会が秘密に取り扱うことを求めて開示した共創会および各受講者の非公知の情報について、秘密に取り扱うものとします。

第19条 分離可能性

  1. 本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効と判断された場合であっても、本規約のその他の部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第20条 準拠法及び管轄裁判所

  1. 本規約及び共創会の受講契約の準拠法は日本法とします。
  2. 本規約または共創会の受講契約に起因し、または関連する一切の紛争については、神戸地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第21条 お問い合わせ方法・連絡先

  1. 共創会に関するお問い合わせは、共創堂ホームページ内の「お問い合わせ」から、あるいは電子メール、FacebookのMessenger、LINE、書面をご利用ください。共創堂からの回答に対する再度お問い合わせされる場合も同様にお願いします。
  2. 共創会の運営事務局は共創堂で、連絡先は共創堂ホームページに掲載します。
PAGE
TOP